今日中に6万円借りたい!即日で今すぐ6万円を安全に借りるには?

  • 「なんとか今日中に6万円借りたいけど、難しいかな?」
  • 即日で6万円借りるためには、非合法な業者しかない?」
  • 今すぐ6万円借りたいけど、友達に頭を下げたくないよ…」

 

6万円現金

 

想像してください。

 

あなたの財布が空っぽになったときに、6万円程度のお金ならすぐに準備できることを…!

 

このページでは、あなたが返済するという当たり前のことを守る限り、決められた枠の中である限り、何度でも出し入れが可能な権利を得るための方法をご紹介しています。

 

キャッシング会社のスタッフ一同

 

しかも、何度か借りて返すという行動を続けていると、決められた枠が増えて、さらに多くのお金の出し入れが可能になります。

 

今日中に6万円借りたいと思ったときに、スマホで振込の手続きをしたり、近くのコンビニで現金を引き出したりすることが可能です。

 

セブン銀行ATM

 

そのためには、最初に手続きが必要となります。

 

しかし、その手続きの際に、間違った申込や手続き、使い方をしてしまうと、大きく損をしたり、生活に大きな負担を強いられることとなってしまいます。

 

このページでは、今すぐ6万円必要だといった緊急でお金を借りたいという方のために、安全でコスパ良く、今日中に6万借りることも可能な方法をご紹介しています。

 

 

今日中に6万円借りたい時におススメのサービス厳選

 

プロミス

 

プロミス

プロミス公式HPはこちら

 

今日中に6万円借りたい方で、まだプロミスを利用したことが無い方であれば…。

 

メアドとWEB明細を登録するだけで、最大30日間は無利息金利で借り入れが可能となります。

 

しかも、プロミスの無利息サービスは他に多い「契約翌日から」ではなく、「初回借り入れの翌日から適用」となっています。

 

つまり、契約してすぐ借りる必要はなく、事前に準備しておきたい方にもお得に利用できるサービスとなっています。

 

利息も大手の中では珍しく、上限が17%代に抑えられている点も魅力の一つです。

 

SMBCモビット

 

モビット

SMBCモビット公式HPはこちら

 

「誰にも知られずに、内緒で6万円借りたい!」

 

大手であれば、個人情報保護が厳格に順守されていますので、誰かに知られるということは基本的にありません。

 

そんな中でも、SMBCモビットにおいてはWEB完結サービスを利用すると「電話連絡なし」にできるサービスが提供されており、こちらが一部の要望を持った消費者に高く指示されています。

 

アイフル

 

アイフル

 

アイフルでも、無利息サービスが提供されています。

 

初めて利用する方には、契約日翌日からの最大30日間は無利息での融資が可能となっています。

 

今日中に6万円借りたいという方に関しても、即日融資にも対応しているサービスですので検討の価値があります。

 

即日で今すぐ6万円借りたい時の条件とは?

 

今日中に6万円借りたい時に、なかなか友達や親には頼みづらいですよね。

 

今日中に6万円借りたいサラリーマン

 

そうなると、サービスとして提供されているキャッシングを利用するのが、もっとも現実的でありスマートな方法の一つとして選択されるのも頷けます。

 

 

とはいえ残念ながら、即日で今日中に6万円を借りたいということになると、誰でも簡単に可能というわけではありません。

 

即日で6万円を借り入れするためには、それなりに条件というものを満たす必要があります。


 

審査が実施される時間帯であるか?

 

審査が実施されている時間の枠の中に、あなたの審査も収める必要があります。

 

締め切りに急ぐサラリーマン

 

大手のキャッシング会社であれば、およそ審査営業時間というのは「9時から21時」までというのが相場です。

 

この時間枠の中で、順番待ちされたリストの一つであるあなたの審査を実施してもらう必要があります。

 

具体的には、今であればオンライン申し込みが24時間受け付けられていますので、早ければ早いほど申し込み順番が回ってきやすくなります。

 

当日、今日中に6万円借りたいということであれば、その日のAM中に申し込みを済ませられると、審査時間で即日が間に合わないといった事態は避けられるでしょう。

 

審査に要する時間は、大手であれば審査最短30分を謳っています。

 

とはいえ、書類や属性、在籍確認などの審査を行う時間を考慮すれば、余裕をもって2時間、せめて1時間半くらいは審査時間として確保しておきたいところです。

 

つまり、遅くても19時半くらいまでにはオンライン申し込みをして審査待ちリストに追加させておく必要があります。

 

初回の方であれば、基本は利用限度額は10万単位で刻まれますので、最少額の10万円が設定される可能性が高いです。

 

 

つまり、即日6万円を希望される場合においては、審査に通れば借入額が足りないといった事態は少なくなります。

 

とにかく、まずは審査の営業時間に間に合うようにスタートすることが何よりも重要です。


 

身分を証明できるか?

 

あなたが誰で、どこに住んでいて、年齢は何歳なのか…。

 

こういった基本的な情報を証明する為の「公的な書類」の提出が必要となります。

 

公的書類(運転免許証)

 

時々、薬局のメンバーズカードを提出したりされる方もおられるようですが、それでは身分証明書としての効力が満たされません。

 

必要となる書類の例としては、以下の通りです。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

これらのいずれかは持っているという方も多いことでしょう。

 

しかし、中にはいずれも準備ができないという方もおられるでしょうし、今日中に6万円借りたいということであればマイナンバーカードを申請して取り寄せている暇はないはずです。

 

その場合には、健康保険証+住民票もしくは健康保険証+公共料金の領収書など、2点の提出が求められます。

 

公的書類(保険証)

 

なぜ、2点提出する必要があるのか?

 

この理由としては、これらの健康保険証や住民票、公共料金の領収書などには顔写真が付いていないためです。

 

 

身分証明書において顔写真というのは非常に重要な項目となっており、これが無い場合には1点では不足とみなされ、追加で1点の書類提出が求められます。


 

勤務先に在籍していることを証明できるか?

 

6万円を借り入れるとなれば、安定した収入がなければ返せる金額ではないはずです。

 

消費者金融では申込があった段階で、必ず信用情報機関に信用情報を参照する義務が発生します。

 

在籍確認を行うコールセンター女性スタッフ

 

また、返済能力を必ず調査しなければならず、その一つの調査項目として「在籍確認」が実施されます。

 

会社に電話されるのは、勘弁してほしい…

 

そんな風に感じられる方もおられることでしょう。

 

しかし、この在籍確認は必ず実施されますし、実施しない業者は「非合法金融業者(ページ内移動)」である可能性が高くなります。

 

今日中に6万円借りたい場合に、その申し込み日が勤務先の休業日で電話が繋がらない場合もあります。

 

最近だと、個人情報保護の取り組みを強化している会社も多く、あなた個人に宛てられた電話を取り次がないというケースも少なくありません。

 

「会社に電話されても在籍確認できないんだよね…」

 

 

そういった場合には、会社に在籍していることを証明する書類の提出で代替してくれる場合もあります。

 

その場合に求められる書類に関しては、大手の消費者金融の間でも違いがありますが、およそ「源泉徴収票」「収入証明書」「確定申告書」などの書類が該当します。


 

在籍確認の実態とは?

 

実際の消費者金融が実施している在籍確認について、簡単にご説明しておきます。

 

結論、基本は会社の人にキャッシングしていることがバレないような配慮がされていますので、心配はいりません。

 

  • 個人名で入電
  • 非通知で入電
  • 本人以外が出た場合は用件を伝えず終電

 

あなたが会社におらず、本人以外が出た場合でも、「お休みを頂いています」とか「席を外しています」といった返答が得られれば在籍確認は合格となります。

 

 

「お昼ごろに、変な電話がありましたけど…(不審)」

 

といった感じで、会社の同僚などに疑われたとしても、「クレジットカードを作ったからかなぁ」といった感じで濁らせておけば不審に思われ続ける事はないでしょう。


 

今日中に6万円借りたいけど、利息はいくら?

 

実際に6万円を即日で借りたとして、利息がいくらになるか把握されていますか?

 

利息を知らないサラリーマン

 

簡単な話、利息というのは「年利」と「借入日数」で大きく違いが出てきます。

 

年利が高い非合法業者などに借りれば、日に日に利息が膨らんで、あっという間に借りた金額の5倍とか10倍に膨れ上がっていきます。

 

借入日数に関しては、合法業者でも同じく、借りる日数が増えれば増えるほど、利息は加算されていきます。

 

利息と返済方法の種類

 

利息の計算式としては、分かりやすい以下の公式を覚えておくと良いでしょう。

 

元本(借入金額)×年利÷365日(うるう年は366日)×借入日数

 

仮に6万円を年利18%で30日間借りたとしましょう。

 

その場合の利息計算は以下の通りです。

 

60,000×0.18÷365×30=887円

 

希望する6万円を今日中に借りて、30日後に返すとレンタル料として「887円」が発生する。

 

これを高いと感じるか、安いと感じるかはあなた次第です。

 

6万円を利息18%で3ヶ月・半年・1年で借りた場合の利息シミュレーション

 

回数 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
1 20,602円 10,531円 5,500円
2 20,602円 10,531円 5,500円
3 20,604円 10,531円 5,500円
4 - 10,531円 5,500円
5 - 10,531円 5,500円
6 - 10,531円 5,500円
7 - - 5,500円
8 - - 5,500円
9 - - 5,500円
10 - - 5,500円
11 - - 5,500円
12 - - 5,505円
合計 61,808円 63,186円 66,005円

 

借り入れ日数(期間)が短いほど、毎月の返済額は多くなります。

 

逆に、借入日数が長いほど、毎月の返済額は少なくなりますが、合計の利息支払い額は高くなるという仕組みです。

 

 

6万円をお金ではなく商品と考えてみると分かりやすいですね。

 

6万円という商品を借りている日数が多ければ多いほど、レンタル料を多く支払うことになるというわけです。


 

利息を抑えるためには?

 

言い方が悪いかもしれませんが、キャッシング会社は長く借りてもらう方が儲かるわけです。

 

あなたが6万円借りたとして、それを長く長く回数をかけて返済してくれたほうが利息が多くなるからです。

 

しかし、利息を抑えたいとあなたがお考えなら、毎月の返済だけで終わるのではなく「繰り上げ返済」を途中で行いながら返済することをお勧めします。

 

繰り上げ返済をすることによって、元金を減らし、そのことで利息を抑えられるのです。

 

上記の利息のシミュレーションでも一目瞭然ですが、3ヶ月で返すのか、12ヶ月で返すのか、金額は違いますね。

 

元金が6万円ですので、借入期間12ヶ月と3ヶ月だと「66,005円-61,808円=4,197円」の差がありますが、いまいちインパクトに欠けてしまっている感はありますが…。

 

これが10万円、20万円と借入金額が増えてくると、利息の違いにインパクトが出てきます。

 

元金 3ヶ月(利息) 12ヶ月(利息) 利息の差額
10万円 3,014円 10,011円 6,997円
20万円 6,028円 20,027円 13,999円

 

繰り上げ返済(途中返済)を行うためには、口座振替ではなく「インターネット返済」「ATM返済」「銀行振込」「店頭窓口」「マルチメディア端末」などが挙げられます。

 

銀行振込の際には手数料が発生すること、振込口座を会員ページなどで事前に確認しておくことなどが注意点となります。

 

繰り上げ返済におススメなのは、インターネット返済かマルチメディア端末返済です。

 

手数料を抑えるためには?

 

上記の返済方法の中で、手数料を抑えるためには「手数料0円」の方法で借り入れや返済を行うことお得ですね。

 

借り入れの際には提携ATMやコンビニATMを使う以外の方法を選ぶと、借り入れの際の手数料を0円に抑える事ができます。

 

また、返済においては以下の方法が手数料0円となります。

 

  • インターネット返済
  • 店頭窓口
  • 自社ATM
  • マルチメディア端末
  • 口座振替

 

 

返済に関しても、提携ATMやコンビニATMを利用すると手数料が発生してしまうので注意しましょう。

 

1万円以内であれば100円と税金、1万円超だと200円と税金が発生します。


 

即日6万円で失敗しがちなパターン

 

今すぐ、今日中に6万円借りたい人が、失敗してしまうパターンを以下にご紹介します。

 

銀行カードローンに申し込む

 

銀行カードローンにはメリットがあります。

 

銀行の通帳

 

それは、消費者金融よりも年利が抑えられていることが多く、相場的には消費者金融が18%であるのに対し、銀行カードローンの場合は15%程度に抑えられています。

 

ただし、審査において消費者金融よりも厳しく書類の提出などが求められるだけでなく、現状は即日融資にも対応していないのがデメリットとして挙げられます。

 

今日中に6万円借りたいといった要望には、銀行カードローンでは現状対応できません。

 

貸金業法の対象額であり、総量規制の対象から外れている銀行カードローンは、過剰貸し付け問題などが騒がれ、銀行が自主的に貸し出し制限を行っているのが実情です。

 

欲を出して高額を希望する

 

最初は6万円借りたいと思っていたのに、なんとなく消費者金融の貸し出し限度額が500万とか800万という数字を見て、欲を出してしまうケースがあります。

 

欲をかきすぎたと後悔するサラリーマン

 

希望する金額が増えると、収入証明書が別途求められたりと、審査の基準も厳しくなってしまいます。

 

6万円を即日で借りたいという要望であれば、限度額も10万円以内で提出することが大切です。

 

先ほど増えれた総量規制の問題もありますので、他社から借り入れがある人の場合は特に高額な希望を出さない方が審査には通りやすくなるでしょう。

 

非正規業者に借りてしまう

 

仮にTwitterなどのSNSで「今日中に6万円借りたい」などと呟いたとしたら、すぐに誰とも分からない貸金業者的な人から勧誘を受ける事ができます。

 

危ないところから借りてしまったと後悔する

 

こういった業者は、殆どが非正規の貸金業者であり、いわゆる「闇金」とよばれる部類の業者となります。

 

どこよりも早く融資を希望している方には、法律を無視すれば闇金が最もスピーディーな融資に対応しているともいえます。

 

  • 「審査はなし、誰でも貸します」
  • 「ブラックリストのあなたも歓迎」
  • 「ほかで断られた人でも、即日6万円」

 

こういった文言が並べられている業者には、間違っても近づかないことです。

 

法律を遵守していない業者と関わらうということは、道理が通用しないということです。

 

金銭的だけでなく、精神的な嫌がらせを受けてしまうことも覚悟の上で借り入れしたとしても、それでもキツイ生活が待っていることでしょう。

 

親や友達に借りてしまう

 

友達や親に6万円貸してくれとお願いするのって、どうでしょうか?

 

同僚に6万円貸してとお願いする

 

個人的には、少し金額が大きすぎるように感じます。

 

そもそも、お金を貸してくれと頼むこと自体、こちらが不利な立場になるので気が進みません。

 

私自身も、大学生の頃はスロットに明け暮れていた日々があり、友人間で個人間貸し借りをしていましたが…。

 

結局、お金が原因で喧嘩になり、不仲になった同級生が2人ほどいます。

 

 

友達ならまだ良いのかもしれませんが、親子関係、兄弟関係となるとずっと引きずることになり、失うものが大きいと思いませんか?

 

今日中に6万円借りたい場合に、親や友達から余裕で借りれるって人にとっては、利息もかからず楽な方法なのでしょうが、個人的にはお勧めできません。


 

まとめ

 

6万円即日融資まとめ

 

どうしても今日中に6万円借りたいということであれば、まずは即日融資にも対応している大手のキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか?

 

このページでは、大手の消費者金融から即日で6万円借りる為の条件や方法、お得な手続き方法などを解説してきました。

 

利息の計算やシミュレーションもご紹介しましたが、あなたが6万円借りた際の利息が高いと感じましたか、安いと感じましたか?

 

レンタル料として利息を払えば、友達や親に頭を下げる必要なく、正規のサービスを一消費者として利用することが可能となります。

 

利息の金額、即日融資の条件や方法など、納得がいったという方に関しては、以下から大手の消費者金融に申し込みをしてみると良いでしょう。

 

今なら無利息サービスが適用可能です!